06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

cinema

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

「12モンキーズ」1996年 

「12モンキーズ」
監督: テリー・ギリアム
出演: ブルース・ウィリス マデリーン・ストウ ブラッド・ピット

20世紀末、突如発生した謎のウイルスにより人類の99%が死に至り、21世紀初頭の人類は汚染された地上を捨て、地下での生活を余儀なくされていた。
その原因を探るため、科学者グループは服役中の囚人ジェームズ・コール(ブルース・ウィリス)をタイム・トラベラーに選び、過去の世界に送り込む。
彼は子供時代に、目の前で1人の男が殺される光景を目撃し、その強烈な思い出を何度も悪夢に見ては繰り返しうなされていた。コールはまず地上に出ての調査を命じられ、荒涼とした街の廃墟で不気味な猿のマークを見つける。
人類滅亡の元凶と見られる「12モンキーズ」という名称を教えられたコールは1996年の世界に旅立つが、機械の故障か、1990年のフィラデルフィアに来てしまった。
その不審な言動から彼は逮捕され、精神病医学者のキャサリン・ライリー(マデリーン・ストウ)の立会いの下、精神病院に入れられた。
そこで彼は、自分の父は神であると自称する入院患者ジェフリー・ゴインズ(ブラッド・ピット)と出会う。
コールは脱走騒ぎを起こし、拘束衣を着けて独房に入れられるが、忽然と姿を消した。
21世紀に戻された彼は経過報告を済ませ、再び過去の世界への旅を命じられる。
なぜか第1次大戦中にフランスに送られ、戦場で囚人仲間のホセと再会した後、本来の目的地である1996年の世界に到着した。
この世界で頼る者のない彼は、今や精神科医として成功しているライリーの前に現れ、2人はフィラデルフィアへ向かう。
コールは街角であの猿のマークを見つける。
「12モンキーズ」はジェフリーの主宰する過激な環境保護団体で、彼の父親は世界的な細菌学の権威ゴインズ博士(クリストファー・プラマー)だった。
ジェフリーの関与を知ったコールは彼の屋敷に向かうが、警官隊に取り囲まれた時、またしても21世紀に呼び戻された。
再び96年に現れた彼は、「12モンキーズ」のアジトの前でライリーと再会。
「12モンキーズ」はいよいよ大きな行動に出るらしい。
果たして、彼らがウイルスを盗んで世界各地にばら蒔いたのか……。
だが、いつしか彼女を愛していたコールは任務を捨て、彼女とこの世界で生きていくことを決意する。
2人は変装して空港に向かう途中、ジェフリーたち「12モンキーズ」が、環境保護アピールのため動物園から動物たちを逃がしたニュースを知る。
「12モンキーズ」はウイルスと無関係だった。
だが、その直後、彼らは空港でゴインズ博士の助手の男を目撃。
男の目的が世界各地にウイルスをばら蒔くことと察したコールは、銃を構えて男を追うが、逆に警官隊に射殺されてしまう。
ゆっくりと倒れるコールを抱きしめるライリー。
その光景を5歳の彼が見ていた。
そして、男とウイルスを乗せた飛行機は大空に舞い上がった。
-moviewalker-


スポンサーサイト
2018/05/05 Sat. 23:04 | trackback: -- | comment: -- | edit

「マンデラの名もなき看守」2008年 

「マンデラの名もなき看守」
監督:ビレ・アウグスト
出演:ジョセフ・ファインズ デニス・ヘイスバート ダイアン・クルーガー

1968年、南アフリカ共和国。アパルトヘイト政策により、黒人には投票権がなく、住居や就職、教育でも差別されていた時代。
ジェームズ・グレゴリー(ジョセフ・ファインズ)は、国内一の刑務所と名高いロベン島に看守として赴任する。
そこで彼は反政府運動の首謀者ネルソン・マンデラ(デニス・ヘイスバート)の担当を命じられる。
コーサ語を話せるグレゴリーに、黒人たちの秘密の会話をスパイさせることがその狙いだった。
妻グロリア(ダイアン・クルーガー)とともに異例の出世を喜んでいた人種差別主義者のグレゴリーだったが、刑務所内でも堂々と振舞うマンデラの姿に特別な印象を抱く。
しかし、面会に来た夫人とマンデラの会話をグレゴリーが上司に報告したことで、彼の息子が暗殺される。
普段の落ち着きが嘘のように息子の死を悲しむマンデラの姿に、同じ父親としてグレゴリーは深く同情。
そして、グレゴリーの中で、“危険なテロリスト”というマンデラに対するイメージが次第に覆され、“人種を超えて平和に暮らせる世界”を目指すというその思想に共感していく。
1975年のクリスマス。
グレゴリーは、二年ぶりに面会する妻に贈りものを渡したいというマンデラの願いを聞き入れる。
しかし、その行動は大きな問題となり、黒人びいきと罵られたグレゴリーの一家は孤立。
彼は転属を願い出て、マンデラの元を去る。
1982年、マンデラの長期投獄に反対する世界中の圧力に屈した政府は、彼をポールスムーア刑務所に移送する。
グレゴリーはそこで再びマンデラの担当となり、二人は再会。
しかし、もはやグレゴリーは無教養な人種差別主義者ではなかった。
武装闘争が激化する中、南アフリカは真っ二つに割れる。
“黒人びいきの子供は殺す”と脅されるグロリア。
それでもグレゴリーは、マンデラの輝く瞳の中に未来と希望を見出していた……。
-moviewalker-

2018/04/12 Thu. 18:03 | trackback: -- | comment: -- | edit

「ホワイト・ゴット 少女と犬の狂詩曲」2015年 

「ホワイト・ゴット 少女と犬の狂詩曲」
監督:コーネル・ムンドルッツォ
出演:ジョーフィア・プショッタ シャーンドル・ジョーテール ラースロー・ガールフィ

雑種犬に重税を課すという悪法が施行されたある街。
13歳のリリ(ジョーフィア・プショッタ)は、理解のない父親によって愛犬ハーゲンを捨てられてしまう。
ハーゲンを取り戻そうとリリは必死に探し回るが見つからない。
一方、主人を失ったハーゲンは安住の地を求めて街を彷徨っていた。
人間に捨てられ、裏切られたかつての“人類最良の友”は次々と保護施設へと送られていく。
そんな中、ハーゲンは虐げられてきた施設の犬たちを従え、人間に対し反乱を起こし始める……。
-moviewaker-


2018/04/12 Thu. 17:59 | trackback: -- | comment: -- | edit

「フルートベール駅で」2013年 

「フルートベール駅で」
監督:ライアン・クーグラー
出演:マイケル・B・ジョーダン オクタビア・スペンサー メロニー・ディアス

サンフランシスコのベイエリアに住む22歳のオスカー・グラント(マイケル・B・ジョーダン)は、前科はあるものの、心優しい青年だった。
2008年12月31日。
彼は恋人のソフィーナ(メロニー・ディアス)と、2人の間に生まれた愛娘タチアナと共に目覚める。
いつもと同じようにタチアナを保育園へ連れて行き、ソフィーナを仕事場へ送り届ける。
車での帰り道、今日が誕生日の母親ワンダ(オクタヴィア・スペンサー)に電話をかけて“おめでとう”と伝える。
母と会話をしながら、新年を迎えるに当たって彼は、良い息子、良い夫、良い父親として、前向きに人生をやり直そうと考えていた。
その夜。家族や親戚一同が揃って母の誕生日を祝うと、サンフランシスコへ新年の花火を見に行くことにしたオスカーとソフィーナは、タチアナをソフィーナの姉に預けに行く。
オスカーとの別れ際、タチアナは不安を口にする。
“恐いの。鉄砲の音がする。”
仲間とカウントダウンを祝って花火を見た帰り道、電車内でケンカを売られる。
仲間を巻き込んで乱闘になったところへ鉄道警察が出動。
オスカーたちは、フルートベール駅のホームに引きずり出されてしまう。
何もしていないと必死に弁明するオスカーだったが、警官たちは聞く耳を持たず、ついに事件が起きる……。
-moviewalker-

繰り返される警官の発砲事件。
オスカーは確かに葉っぱを売って刑務所に入っていたり、短気なところはあったけど、とても優しい気づかいのできる青年だった。
母は「電車で行けと言わなかったら」と自分を責める。
娘はオスカーが出かけるとき「行かないで。怖いの。鉄砲の音がする」と言う。
幼い娘は何かを感じ取っていたのだろうか・・こういうことってあるものね。

いい父親になろうとして電車内でみんなで「ハッピーニューイヤー」を祝ったのに、彼には新しい日々は来なかった。

それにしても、乗客たちが大勢携帯で動画を撮っていたので、殺した警官は殺人罪に問われたものの、白人ばかりの陪審員と彼の嘘の主張を認めて数か月で出所・・・
ありえないわ(≧血≦;) グォオオオッ!!



2018/04/07 Sat. 22:48 | trackback: -- | comment: -- | edit

「天国からの奇跡」2016年 

「天国からの奇跡」
監督:パトリシア・リゲン
出演:ジャニファー・ガーナー カイリー・ロジャース マーティン・ヘンダーソン

小さな田舎町で家族と暮らす幼いアナは、重い消化器疾患にかかってしまう。
珍しい症例で、一向に快癒せず、入退院を繰り返していた。
遠方の大病院に向かい入院するが、やはり治療法が見つからない。
そして、アナと母クリスティが家を空けている間に、家族の間に亀裂が生じていた。
そんなある日、庭の大木にのぼったアナが落ちてしまう。
幸い大した怪我はなかったものの、アナの身体に信じがたい奇跡が起こる。
-moviewalker-



「天国からの奇跡」公式サイト
2018/04/05 Thu. 23:16 | trackback: -- | comment: -- | edit

「アンダーカヴァー」2007年 

「アンダーカヴァー」
監督: ジェームズ・グレイ
出演:ホアキン・フェニックス マーク・ウォールバーグ ロバート・デュヴァル

1988年、ニューヨーク。
ナイトクラブのマネージャーとして働くボビー(ホアキン・フェニックス)は、オーナーからの信頼も厚く、恋人アマダ(エヴァ・メンデス)とともに幸せな日々を送っていた。
兄ジョセフ(マーク・ウォールバーグ)はニューヨーク市警のエリート警察官、父バート(ロバート・デュヴァル)は警視監という警察一家だったが、ボビーはそんな家族に反発、姓を変えて夜の世界に飛び込んだのだった。
しかも、彼の店は麻薬取引に関わるロシアンマフィアと繋がっていた。
家族と再会したパーティで、ジョセフとバートによるロシアンマフィアの殲滅計画を知ったボビーだったが、要請された協力は断る。やがて、一斉検挙が実施されるが、麻薬の密売ルートに関する情報入手に失敗。
店が摘発を受けたボビーは麻薬不法所持で逮捕されてしまう。
ジョセフの計らいで釈放されたボビーだったが、店に踏み込んだことで二人の溝は深まる。
その夜、何者かによる襲撃を受けたジョセフが、瀕死の重傷で病院に運ばれる。
捜査協力を断ったことを後悔するボビー。
その前に、襲撃の黒幕であり、麻薬取引の独占を目論むニジンスキーが現れ、仲間に誘われる。
彼の口から次の標的がバートであることを聞かされたボビーは、警察の囮として組織に潜入。
だが、不慣れな任務のため、盗聴器の装備が麻薬工場内で発覚してしまう。
間一髪、警官隊の突入によりニジンスキーは逮捕。
だが重傷を負い、警察官が家族であることをマフィアに知られたボビーは、アマダとともに保護下での生活を強いられる。
裁判を直前に控えたある日、ニジンスキーが脱走。
それを知ったバートは素早く対応。
ボビーは危機を回避するが、その眼前でバートの体を凶弾が貫く。
父の遺体を抱きしめ泣き崩れるボビーを、優しく抱きとめるジョセフ。
別々の道を歩んでいた兄弟が、父の復讐という目的の元、ひとつになる……。
-moviewalker-
ハラハラしながら観ました。
なんだか切なかった。

優秀な兄は弟の自由さに嫉妬していたと話すシーン。
同じように育っても一人一人別なわけで、それぞれが悩みもあり、でも彼ら兄弟はとてもお互いを思いやっていてその点はほんわかしましたね。

弟を命がけで護ろうとした父は凶弾に倒れ、初めて兄弟は同じ目的をもって挑む。
それぞれが愛おしかったです。


2018/04/02 Mon. 14:14 | trackback: -- | comment: -- | edit

「ワーテルロー」1970年 

「ワーテルロー」
監督:セルゲイ・ボンダルチュク
出演:ロッド・スガイガー クリストファー・プラマー オーソン・ウェルズ



「ワーテルロー」
2018/03/31 Sat. 23:50 | trackback: -- | comment: -- | edit

「ウィストン・チャーチル」20018年 



監督: ジョー・ライト
出演: ゲイリー・オールドマン クリスティン・スコット・トーマス リリー・ジェームズ

第二次世界大戦初期の1940年。勢力を増すナチス・ドイツは各地に侵攻し、フランスは陥落間近にまで追い込まれ、イギリスにもその脅威が迫っていた。
連合軍はフランス北部にあるダンケルクの海岸に追い込まれ、窮地に。
就任したばかりの嫌われ者の英国首相ウィンストン・チャーチルは、政敵に追い詰められながら、ヒトラーとの和平交渉か徹底抗戦か、ヨーロッパの運命を左右する選択を迫られる。

-moviewalker-

ゲイリーのチャーチルがとっても魅力的でキュートでした。
名前は知っていたけど、チャーチルさんのことはあまり知識がなくて、今日初めて知ったようなわけで・・
大変な時期に首相に任命されて、ご苦労が多かったですね。
迷いもありました。
支えている奥さまがまた素敵なかたで、その奥さまの前では本当に可愛らしい。

国王がご自宅まで訪ねてくるなんてびっくり。
でも、やっとお互い本音で話ができて、生涯友として交流していたそうで、嬉しいです。

弱腰の議員の前での演説は素晴らしかったです。
自国を護る・・・当たり前のことです。

それに比べたら我が国は・・・
日本のためにと頑張っている議員なんてどれほど?
どこの国の方?って人ばかり。

観ていて感動と、切なさで泣けました。


「ウィンストン・チャーチル」公式サイト
2018/03/31 Sat. 00:02 | trackback: -- | comment: -- | edit

「ペンタゴン・ペーパーズ」20018年 



監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:メリル・ストリープ トム・ハンクス

1971年。
ベトナム戦争が泥沼化、アメリカ国民の間には疑問や反戦の気運が高まっていた。
そんななか、アメリカ国防総省がベトナム戦争に関する経過や分析を記録したトップシークレットである文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。
しかし、その後の記事は政府の圧力で差し止められてしまう。
アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたワシントン・ポストのキャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)は、同紙の編集主幹ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)らとともに、真実を明らかにすべく奔走。ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながらも連携、団結していくが、政府からの圧力はますます強くなり……。

-moviewalker-




「ペンタゴン・ペーパーズ」公式サイト
2018/03/30 Fri. 23:58 | trackback: -- | comment: -- | edit

「ミリオンダラー・ベイビー」2005年 

「ミリオンダラー・ベイビー」
監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン

トレーラー育ちの不遇な人生から抜け出そうと、自分のボクシングの才能を頼りにロサンゼルスにやってきた31歳のマギー(ヒラリー・スワンク)。
彼女は、小さなボクシング・ジムを経営する名トレーナーのフランキー(クリント・イーストウッド)に弟子入りを志願するが、女性ボクサーは取らないと主張するフランキーにすげなく追い返される。
だがこれが最後のチャンスだと知るマギーは、ウェイトレスの仕事をかけもちしながら、残りの時間をすべて練習に費やしていた。そんな彼女の真剣さに打たれ、ついにトレーナーを引き受けるフランキー。
彼の指導のもと、めきめきと腕を上げたマギーは、試合で連覇を重ね、瞬く間にチャンピオンの座を狙うまでに成長。
同時に、実娘に何通手紙を出しても送り返されてしまうフランキーと、家族の愛に恵まれないマギーの間には、師弟関係を超えた深い絆が芽生えていく。
そしていよいよ、百万ドルのファイトマネーを賭けたタイトル・マッチの日がやってきた。
対戦相手は、汚い手を使うことで知られるドイツ人ボクサーの”青い熊“ビリー(ルシア・ライカー)。
試合はマギーの優勢で進んだが、ビリーの不意の反則攻撃により倒され、マギーは全身麻痺になってしまう。
寝たきりの生活になり、やがて死を願うようになった彼女。
フランキーは悩みながらも、マギーの呼吸器を外して安楽死させてやる。
それから彼は、長年の友人である雑用係のスクラップ(モーガン・フリーマン)らを残し、自分のジムから姿を消してしまうのだった。

    -moviewalker-


2018/03/13 Tue. 12:11 | trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。